記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

生徒さんとの会話⑧バンカー嫌いな人の二つの共通点

気がついたら、このブログも先月で1年が過ぎていました。
毎週水曜日に更新していますので、50回以上書いたことになります。

私はゴルフ雑誌を読むのが趣味で、かれこれ40年くらいになりますが、
「こういう事、もっと書かれててもええはずやのに、あんまり見かけんナ~」と感じる事、をコンセプトに、これまで書いてきました。そしてこれからも発信していきますので、2年目もよろしくお願い致します。


ゴルフ場のバンカー練習施設での会話です。

Gさん「バンカーに入ったら、もうその日のスコアは終了ですわ。」
私  「1回で出ませんか?」
Gさん「1回で出る時もあるけど、何回打っても出えへん時もあるんですわ。」
私  「じゃあこのバンカーから、50yのアプローチショットを打ってみて下さい。」
Gさん「ダフらないで、クリーンヒットでですか?」
私  「そう、普通に芝の上からの、いつもの50yショットのつもりでです。」

と言って、20球ほど打ってもらいました。

Gさん「あきませんわ、砂の上にある球なんかクリーンに当たりませんわ、全部ダフッて見事に20y先に固まってますわ。」
私  「それでバッチリじゃないですか。」
Gさん「???」

私  「もしこれが、20yのバンカーショットやったら全部ワンパット圏内ですよ!」
Gさん「あっ ホンマや! 全部1回で出てるだけでも凄いことやのに、半径数メートルの円状に球が固まってますがな!」


バンカー恐怖症の人には、2つの共通点がよく見かけられます。

❶ カット軌道(=アウトサイドイン軌道)で打たなきゃ、と思い過ぎている。
オープンスタンスにした分、カット軌道になるに任せて、自分の意識は、球を飛ばしたい方向に振る

❷ 力んでいる
50yのアプローチより、20yのバンカーショットショットの方が「グリップを強く握る」とか「インパクトが力強い」のではなく、力感もテンポも同じが良いです。どちらも求められるヘッドスピードは同じだからです。


コースのバンカーでも「クリーンに打つつもり」で行きましょう、と言っているわけではありません。やはりそれではホームランでグリーンオーバーが怖いですから。
しかしバンカーが苦手な人は、この「クリーンヒットで50y」の練習が、苦手イメージの暗雲を吹き飛ばしてくれるのは請け合いです。

田中プロ ブログ「Golf Wednesday」 毎週水曜日更新!
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。